お役立ち情報

STUDY

滋賀県を中心に、産業ガスを安定供給。

法人のお客様

高圧ガス保安法について

高圧ガス集合装置、供給装置を設置・使用する場合、高圧ガスによる災害を防止するために、取扱いには充分注意し、義務付けられた法令をよく理解し、遵守しなければなりません。

高圧ガスの定義

この法律で「高圧ガス」とは、次のゲージ圧力以上となる「ガス」をいう。

  1. a)常用の温度でゲージ圧力が、1MPa以上の圧縮ガス。
    又 温度が35℃のとき、1MPa以上となる圧縮ガス。(アセチレンガスを除く)
  2. b)常用の温度でゲージ圧力が、0.2MPa以上のアセチレンガス。
    又 温度が15℃のとき、0.2MPa以上となるアセチレンガス。
  3. c)常用の温度でゲージ圧力が、0.2MPa以上の液化ガス。
    又 圧力が0.2MPa以上となる場合の温度が35℃以下である液化ガス。
  4. d)温度が35℃のとき0MPaを超える液化シアン化水素、液化プロムメチル等別に政令で定める液化ガス(液化酸化エチレン)。

高圧ガスの製造と貯蔵

高圧ガスの製造

高圧ガスの製造には、次の3通りの方法があります。

  1. a)圧力変化
    イ)高圧ガスでないガスを圧縮機、ポンプ温度上昇で高圧ガスにする。
    ロ)高圧ガスを圧縮機、ポンプ温度上昇でさらに圧力の高い高圧ガスにする。
    ハ)高圧ガスを減圧して圧力の低い高圧ガスにする。
  2. b)状態変化
    イ)気体を凝縮機等で液化ガスにする。
    ロ)液化ガスを気化器等で蒸発させて高圧ガスにする。
  3. c)その他
    イ)容器に高圧ガスを充填する。
    ロ)高圧ガス容器から別の容器に移充填する。

高圧ガスの製造の許可(法第5条)

高圧ガスを製造する時は、都道府県知事の許可を受けなければなりません。

  1. a)製造の1日の処理能力(0℃、0Paに換算した1日に処理できるガスの容量)が、
    第一種ガス以外      ; 100m3以上
    第一種ガス(不活性ガス) ; 300m3以上
    で許可を受けた事業者を第一種製造者という。
  2. b)製造の1日の処理能力(0℃、0Paに換算した1日に処理できるガスの容量)が、
    第一種ガス以外      ; 100m3以上
    第一種ガス(不活性ガス) ; 300m3以上
    で届出を行なった事業者を第二種製造者という。
  3. c)不活性ガス以外の高圧ガスと不活性ガスが両方存在する場合は、処理量を1日で計算し、ガスの種類と合算とする。
    その場合の処理能力の計算式は、下記のようになります。
合算処理能力(T)=100+2/3×不活性ガスの処理量合計値(S)
*第一種ガス(不活性ガス)
ヘリウム、ネオン、アルゴン、 クリプトン、キセノン、ラドン、 窒素、二酸化炭素、 フルオロカーボン(可燃性除く)

製造設備の種類

  1. a)定置式製造設備…地盤面に固定したもの
  2. b)移動式製造設備…車両等に搭載したもの(ポンプ搭載ローリ等)

製造設備の許可申請

都道府県知事への許可の申請は、下記の項目を製造開始日の20日以前に申請する。

  • ●製造の目的
  • ●処理設備の処理能力
  • ●技術上の基準に係わる事項
  • ●処理設備の性能
  • ●製造設備の位置及び付近の状況を示す図面

高圧ガスの貯蔵の許可(法第15条)

高圧ガスの貯蔵で次に該当する第一種貯蔵は、都道府県知事の許可が必要である。
ただし第一種製造者は、このかぎりではない。

ガスの種類 貯蔵量 貯蔵所区分
第一種ガス(*不活性ガス) 容積3000m3以上 第一種貯蔵所
容積300m3以上 3000m3未満 第二種貯蔵所
第一種ガス以外のガス 容積1000m3以上 第二種貯蔵所
容積300m3以上 1000m3未満 第二種貯蔵所
両方のガスがある場合 容積Nm3以上 第二種貯蔵所
容積300m3以上 Nm3未満 第二種貯蔵所
*不活性ガス
ヘリウム、ネオン、アルゴン、 クリプトン、キセノン、ラドン、 窒素、二酸化炭素、空気 フルオロカーボン(可燃性除く)
*Nの計算式
(N)=100+2/3×不活性ガスの貯蔵容積合計値(M)
液化ガスの場合は、液化ガス10kgを 1m3 に換算する

完成検査

第一種製造業者、第一種貯蔵所は工事(変更の場合含む)を完成したときは法第20条により、知事、高圧ガス保安協会(以下「保安協会」という)、又は指定完成検査機関が行う完成検査を受ける必要があります。(認定完成検査実施者が認定を受けた特定変更工事による完成検査を行ない完成検査記録届書を提出した場合を除く)。但し、完成検査を要しない変更の工事については、この限りではありません。

高圧ガスの消費と届け出

  1. 1. 特定高圧ガス(圧縮・液化のモノシラン、ホスフィン、アルシン、ジボラン、セレン化水素、モノゲルマン、ジシラン)を消費する場合は、消費量にかかわらず、都道府県知事に届出が必要である。
    又、消費にあたっては、シリンダー・キャビネット等の収納ボックスによる管理が必要である。
  2. 2. 次の特定高圧ガスを消費する場合は、貯蔵量に応じて、都道府県知事に届出が必要である。
ガスの種類 数  量
圧縮水素 容積 300m3以上
圧縮天然ガス 容積 300m3以上
液化酸素 質量 3000kg以上
液化アンモニア 質量 3000kg以上
液化石油ガス 質量 3000kg以上
液化塩素 質量 1000kg以上