お役立ち情報

STUDY

滋賀県を中心に、産業ガスを安定供給。

法人のお客様

酸素の用途・物性・供給方法

酸素の用途

酸素は無色・無味・無臭であり、空気中に約21%含まれ、生命の維持に不可欠な元素です。化学的には活性が極めて高く、他のものを酸化する力が強い特徴があり、燃焼関連の用途に利用されることが多くあります。
工業の分野での酸素は酸化源として使われており、代表的な酸化プロセスは燃焼です。谷口酸素工業の供給酸素は、鉄工所の高炉や鋼材の切断加工などに用いられます。また、ガラス原料の溶解や私たちの生活から排出されるゴミの溶解にも貢献しています。
さらに、こうした酸化反応は、紙・パルプの漂白や化学品の合成にも使われています。

酸素の物性
化学式 O2 比重 1.11(空気=1)
分子量 32.00 沸点 -183.0℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/支燃性 融点 -218.8℃(1atm)
酸素の供給方法
  • シリンダー供給
  • 液化ローリー供給
  • オンサイト供給

窒素の用途・物性・供給方法

窒素の用途

窒素は、無色・無味・無臭のガスで、空気中に約78%含まれています。たんぱく質やアンモニアなど、窒素化合物として自然界にはたくさん存在しています。
窒素は不活性な性質をいかし、安全性向上や酸化防止による品質保持用として幅広い分野で使われています。超微細・精密加工を必要とする半導体プロセスでは、高純度な窒素が大量に必要となり、液晶パネルや太陽電池などの普及によって窒素の利用も増大しています。また、食品や飲料の酸化を防ぎ鮮度保持するためにも窒素は欠かせません。

窒素の物性
化学式 N2 比重 0.97(空気=1)
分子量 28.01 沸点 -195.8℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/不燃性 融点 -209.9℃(1atm)
窒素の供給方法
  • シリンダー供給
  • 液化ローリー供給
  • オンサイト供給

アルゴンの用途・物性・供給方法

アルゴンの用途

アルゴンは無色・無味・無臭のガスで、空気中には約0.93%含まれています。他の物質と反応しない不活性な性質で、この物性をいかして工業用途では、ステンレスなどの金属精錬やアーク溶接、シリコンウェハーの製造などに使われています。
なかでも代表的な用途には溶接があります。より高品位な溶接加工用にアルゴンが選択されています。
また、ステンレスを製造する過程で大量のアルゴンガスを使用するので、ステンレスを製造する製鉄所にも多く供給しております。

アルゴンの物性
化学式 Ar 比重 1.38(空気=1)
分子量 39.95 沸点 -185.7℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/不燃性 融点 -189.2℃(1atm)
アルゴンの供給方法
  • シリンダー供給
  • 液化ローリー供給
  • オンサイト供給

炭酸の用途・物性・供給方法

炭酸の用途

酸ガスは、ドライアイスやコーラ、ビールなどの炭酸飲料の発泡剤として、私達の生活の身近な場所で使用されることが多くあります。しかし、炭酸ガス販売量の半分は、アーク溶接のシールドガス用途です。金属を溶解する時に、炭酸ガスで溶融部を覆うことで良好な溶接品質を維持することができます。
また植物の光合成にも欠かせない炭酸ガスは、野菜の栽培促進用にも使われています。炭酸ガス濃度を大気中よりも高くすることで、路地ものでは不可能な増産や計画的な栽培を実現できます。

炭酸の物性
化学式 CO2 比重 1.54(空気=1)
分子量 44.01 沸点 -78.5℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/不燃性 融点 -56.6℃(5.28atm)
炭酸の供給方法
  • シリンダー供給
  • 液化ローリー供給

へリウムの用途・物性・供給方法

ヘリウムの用途

ヘリウムは不活性であることや軽い物質であること、熱伝導性が高いといった特性をいかし光ファイバーの原料となるガラスを焼成する際の雰囲気制御用として使っています。また、半導体製造プロセスでも活躍しています。
沸点が最も低い物質という特性をいかした液化ヘリウムは、代表的な用途に超電導マグネットの冷却剤があります。超電導マグネットは、病気や怪我の画像診断に活躍する医療用MRI診断装置に使われています。

へリウムの物性
化学式 He 比重 0.14(空気=1)
分子量 4.00 沸点 -268.9℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/不燃性 融点 -272.2℃(1atm)
へリウムの供給方法
  • シリンダー供給
  • ガストレーラー供給

水素の用途・物性・供給方法

水素の用途

水素は、宇宙の中で最も多い物質で、還元力に富んでおり産業分野では様々な用途で使用されています。
金属の表面をピカピカにする光輝焼鈍用の添加剤としてや、原油から硫黄分を取り除く水素添加脱硫用として、プラスチックなどの樹脂生成時の添加剤として使われています。
また身近な物では、マーガリンや口紅の原料油脂を固める硬化剤としても使用されています。

水素の物性
化学式 H2 比重 0.07(空気=1)
分子量 2.02 沸点 -252.9℃(1atm)
外観/物性 無色・無臭/可燃性 融点 -259.2℃(1atm)
水素の供給方法
  • シリンダー供給
  • ガスローダー供給
  • オンサイト供給

アセチレンの用途・物性・供給方法

アセチレンの用途

アセチレンは燃焼するときに多量の熱を発生します。アセチレンと酸素を混合して完全燃焼させた酸素アセチレン炎の温度は3330℃にもなりガスの中でも最高。金属の溶接や切断に用いられます。
一方で燃焼速度が極めて速く、可燃性ガスの中では燃焼範囲も非常に広いため、空気中へ漏洩すると爆発の条件が揃いやすく危険な可燃性ガスでもあります。

アセチレンの物性
化学式 C2H2 比重 0.906(空気=1)
分子量 26.038 沸点 -84.15℃(1atm)
外観/物性 無色/可燃性 融点 -80.85℃(1atm)
アセチレンの供給方法
  • シリンダー供給
  • ガスローダー供給
  • オンサイト供給

ハイドロカットの用途・物性・供給方法

ハイドロカットの用途

ハイドロカットは水素ガスをベースにした炭化水素系ガスを混合した物で、燃焼時に二酸化炭素を発生しないため、クリーンなガスとして注目を集めています。
また空気よりも軽いため滞留しにくく、逆火も起こりにくいため、安全性にも優れています。

ハイドロカットの物性
化学式 C2H4+H2 比重 0.98(空気=1)
分子量 28 沸点 -104℃(1atm)
外観/物性 無色・特徴的な臭気/可燃性 融点 -169.2℃(1atm)
ハイドロカットの供給方法
  • シリンダー供給
  • ガスローダー供給
  • オンサイト供給